読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OCamlの教科書

たくさん(>1)出版されると言うのはめでたいことですね。

ところで、コンピュータ関係の書籍の編集者さんにとって、関数型言語の世界と言うのがどういう風に見えているのかがふと気になりました。例えば、LispとMLとHaskellの違いがどういう風に認識されているのか、とか。何がきっかけで出版しようと考えたのか、とか。