読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いや、あの時は約束をすっぽかされて凹んでいたときに、ふと目に入って「ああ、はてなは俺を受け入れてくれている」みたいな感覚を受けてしまって、いやそれはいくらなんでもまずいだろ、みたいな。

ちなみに、その後夜ハルヒを見てるときに、なんか「別にどうでもいいや」みたいな感覚になって、また「それはまずいだろ」と凹むわけですが。難しい。