読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーフライト

1月2日に友達と遊んだとき、時間をつぶすために見てきました。面白かった。

飛行機が離陸するんだけど、トラブルが発生して、成田に引き返します、という筋なんだけど、まあストーリーはどうでも良くて、細かい描写を見るための映画だと思う。

整備士が自分の道具箱に鍵をかけるとか、パイロット二人は同じ食事を取らないとか、I have → You haveの流れとか、飛行機が引き返したりするとスケジューリングのやり直しが大変とか、天気予報をパイロットに伝える業務があるとか、飛行のコースが変わると燃料が問題になるとか、気温が変わってヒーターの故障のせいで使えなかったセンサーが使えるようになるとか、そういう話。

やー、10年前にこの映画を見てたら、航空機業界を目指してたかもしれんね。そのくらい面白かった。


飛行機といえば、去年2月のパリ→チュニジアの飛行機はちょっと怖かった。着陸前に天気が悪いっぽくて、けっこう揺れて、なんなのかわからないんだけど機内の照明が消されて、機内が真っ暗な状態で着陸。エールフランスだから関係はないけど、なんたってアフリカだし。やっぱり、なんとはなしに乗客はみんな不安だったらしく、無事着陸したときは機内で拍手が起こった気がする。


あと、1月2日に尾山神社でおみくじを引いたんですが、やっぱり「英語の復習」について言及がありました。どんだけ英語が不安なんだ。